【WordPress】【日本語化】 もともと英語の言語ファイルが準備されているテーマの日本語化

テーマ「oxygen」の場合、もともと英語等の言語ファイルが準備されており、英語を日本語に訳す作業はともかくとして、日本語の翻訳ファイルを作ること自体はかなり容易だったので、その覚え書きです。

テーマ「Oxygen」の場合、以下のような言語ファイルがすでに準備されていました。

languages-1

ファイル名の末尾が「EN」となっている po ファイルを複製し、ファイル名を「oxygen-ja.po」に変更します。同様に「hybrid-core-en_EN.po」ファイルの方も同様に複製し、「hybrid-core-ja.po」に変更します。

languages-2

これら2つのファイルを poEdit で開くと以下のような感じになりました。

hybrid-core-ja.po — hybrid-core

テーマ「Oxygen」の管理画面等を見ながら、適宜、日本語に翻訳していきます。

oxygen-ja.po — Oxygen

作業の切りのいいところで、「⌘ + S」を押すと、自動的に mo ファイルが生成されます。

Desktop

これらのファイルをフォルダ「languages」へコピペします。

languages-3

すると、例えば、以下のような感じで英語の部分が日本語に変換されました。

ウィジェット ‹ comemo demo local — WordPress

comemoarrow

ウィジェット ‹ comemo demo local — WordPress-1

訳したところまでのファイルは以下のとおりです。 1

参考

  1. 超いいかげんでちょっとしか訳していません。 

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。